2009年12月7日月曜日

【プチ】来年のIT投資をめぐるアレコレ

来年からのIT投資はどうなっていくのか?

その予測をガートナージャパン(リサーチ&アドバイザリ企業)が発表した
との記事がありましたので、紹介したいと思います。

キーメッセージはバランシング コスト リスク アンド グロウス
意訳して、「視界ゼロ時代の競争と成長」と表現されています。

『来年景気は良くなるかもしれないが、だからといって先行きはわからない。確実性が乏しい環境を是として受け入れ、そのうえで成長戦略をとるべきではないか? という提言が、このタイトルには込められているのである』

来年からIT投資額は回復してくるようですが、依然として日本の回復は遅れている様子。
日本の前年比落ち込みが大きかったことと、日本企業のIT投資への慎重さが影響しているようです。

それでも、徐々に回復をしていくようですが、『そこに現出するのは今までの世界ではなく、「不確実」「不連続」が常態になる』ことを押さえておく必要がありそうです。

ガートナーはそんな「不確実な世界を乗り切る4つの選択軸」を発表していましたので、紹介しておきましょう。


Control(制御) or Autonomy(自律)
「Control」とは、ガチガチにガバナンスを利かせる考え方で、コスト削減という面では強くなる考え方だ。しかし今後、成長戦略に移った場合は「Autonomy」=現場の自立性を高める、つまり“個人力”をどう評価するか? が、カギになってくる。

In Here(社内) or Out There(社外)
情報の可視化ということはよく言われるが、それらは従来財務情報や在庫情報だった。今後は、たとえば社外にある顧客のニーズやシーズをいかに取り入れていくかが重要になる。

Owned(所有) or Shared(共有)
“クラウド”というキーワードにもつながるが、所有するか共有するか? という視点が、重要になってくる。

Complex(複雑) or Simple(単純)
ただでさえ企業システムは複雑でサイロ化している。単純化できるものは、単純化すべきだ。

これら両軸の割り切りを明確に出すかどうかが、今後の企業の戦略を決めていくというのが、ガートナーの主張である。


と、記事は伝えています。


 今回の記事はASCⅡ.jpを参考にして書かれています。
 詳しくは元の記事をご覧ください。
 http://ascii.jp/elem/000/000/470/470977/

2009年11月18日水曜日

【プチ】電子書籍と端末

 携帯電話などに配信されている電子書籍が、徐々に認知され始めているようです。
 
 そんな中、アメリカでアマゾンドットコムが電子書籍端末を販売したことが話題になりました。「キンドル」と名づけられた、この端末。国際版も発売されました。

 「3G通信モジュール」が内蔵されていますが、携帯電話と違うところが二つ。
 ★通信料を自分で払う必要がない。
 ★通信会社と自分で契約する必要がない。
 
 要するに通信費はアマゾン側が負担してくれるということ。
 書籍代だけの支払いで済むようです。
 
 中心価格帯は、書籍の場合12ドル弱、新聞の場合月10ドル~22ドル。
 この価格のなかに、通信費はすでに含まれているのです。

 これまでにも、電子書籍端末は日本でも開発されてきましたが、パソコンでダウンロードした後、接続してデータを移動させる必要がありました。今回の端末では、その必要がありません。

 ただし、このキンドル国際版は「英語のみ」の端末なのが現状です。
 今後、日本語への対応も考えられているようですが、アルファベットだけの英語文章に比べて、日本語はひらがな・カタカナ・漢字への対応が必要になります。

 そして、日本の携帯電話でダウンロードされている電子書籍でさえ、コミックの方がダウンロード率が高い中、コミックを表示する難しさを考えると、日本での電子書籍端末は携帯電話でまかなえてしまいそうです。

 私の個人的な経験から良くと、ipodなどに小説のテキストファイルをダウンロードして読むのは、わりと読みやすいです。これは、そもそもテキストファイルになっている小説が製作されていることが前提になりますね。


電子書籍端末「キンドル国際版」(米・アマゾンドットコム)製品情報
 http://www.amazon.com/dp/B0015T963C

2009年10月14日水曜日

【プチ】利用ジャンル別に見るLinuxの現在

 ★デスクトップPC

 Linuxのシェアはわずかだが、増加しつつある。

 米国では低価格のミニノートPCにLinuxがプレインストールされており、新興国で初期投資の関係でLinux利用者が増加しているのが、要因のようだ。

 近年日本で人気のデスクトップ向けLinuxディストリビューションは、UbuntuFedoraで、いずれも半年ごとにバージョンアップすることを謳っている。ユーザーはいち早く最新のLinuxデスクトップ環境を手に入れられる。
 また、優秀なインストーラのおかげでインストールが容易になったこと、利用可能なソフトウェアパッケージが豊富であることも人気の理由だ。

 Ubuntuはカノニカル社によってデスクトップの洗練が図られており、Windowsと遜色ないレベルに近づいている。 Linuxのデスクトップ用途でのユーザー増加は、デスクトップとして使えるレベルにまで成長してきた証拠であるといえる。


 ★サーバ

 数年前から「LAMP」という用語が用いられるようになった。
 Linux、Apache、MySQL、 PHP/Perl/Pythonの頭文字を取ったもので、LinuxaとフリーのWebサーバソフトウェア、RDBMS、スクリプト言語を組み合われば、安価にWebアプリケーションサーバを実現することができる。

 UNIX系OSで動作する多くのサーバソフトウェアはLinuxでも利用できるので、Webサーバやメールサーバ、あるいはファイルサーバとして Linuxサーバは広く利用されている。


 ★組み込み用途

 小規模な事業所や家庭向けの、いわゆるブロードバンドルータやNAS製品で広く使われている。また、一部の携帯電話やハードディスクレコーダでの採用実績もある。これらの製品にはx86アーキテクチャのCPUではなく、PowerPCやARMアーキテクチャのCPUが用いられていることが多い。



以上が、Linuxが利用されているジャンルの現在の状態のようです。
今後、どのような将来が予測されているかは、下記に載せておきます元記事をご覧ください。


元記事 【Atom登場が追い風となるLinux】
http://ascii.jp/elem/000/000/447/447559/

2009年9月18日金曜日

【プチ】スーパーキャパシタ

 
 9月16日発行分の当社メルマガ15号に掲載しました、高性能RAIDカードの記事はご覧いただきましたでしょうか。
 NANDフラッシュメモリとスーパーキャパシタを設置することで、BBUによって引き起こっていた電池障害のリスクを回避しましょう!という商品です。

 くわしくはこちら

 
 電源故障時にキャッシュメモリ上のデータを保護するために、今まではリチウムイオン電池を付属させていました。
 今度は、電源故障時にスーパーキャパシタのわずかな電力を使用して、データをフラッシュメモリに移動させて保護しましょうということです。


さて、スーパーキャパシタとはどんなものなのか?

 電気を蓄えることのできる新しい蓄電装置。
 「電気二重層キャパシタ」の総称です。ウルトラキャパシタとも呼ばれます。

 電気二重層キャパシタは、有機電解液とアルミや炭素を原料とした簡単な構造です。
 電池のように重金属を使っていないので、環境への負荷が少なく、その上、資源枯渇の心配がありません。

 また充放電時のエネルギーロスが少なく、内部抵抗が非常に低いため、電池では不可能な瞬時の大電力の充放電等が可能です。
 寿命は非常に長く、普通の電池の100倍以上保つと言われています。


 しかしこれまでは、蓄えられるエネルギー量が小さかったので、まずはキャパシタのエネルギー密度[Wh/kg]を向上させることが必須でした。

 その後、1992年に、日本から新しい仕組みのスーパーキャパシタが出現し、近年、世界中でエネルギー密度を格段に増やした様々なスーパーキャパシタが開発されています。


 すでに、中国ではスーパーキャパシタだけで走る路線電気バスが、アメリカではハイブリッドトラックやバスが出現しているのだそうです。
 また一方、アブダビ首長国では、自然エネルギーだけで電力を賄う人工都市、“マスダール・シティ”の建設が始まるなど、脱化石燃料へ向けた動きは世界中で進行しています。

 脱化石燃料を目指すことで、CO2削減(=燃費向上)を実現できてとってもエコな電池なんですね。

2009年9月2日水曜日

【プチ】台風の単位と竜巻の単位

 
 台風の季節がやってきました。
 今現在、台風11号が去ったところですね。例年、20号近くは発生するようですので、この後の台風が日本上陸しないように願うばかりです。

 さて、台風の単位をご存知でしょうか。
 日常的にはあまり使用しないので、記憶の隅に追いやられがちですが、気圧の単位はヘクトパスカル(hpa)速度の単位がノット(kt)です。

 日本では1992年11月まではミリバール(mb)が使用されていましたが、
同年の12月からは国際単位系のヘクトパスカルが採用になりました。
 この2つの単位の換算式は1hpa=1mbなので、数値としては以前と変わりません
 
 そもそもパスカルとは圧力の単位で、名前の由来は、圧力に関する「パスカルの原理」のブレーズ・パスカルに因んでいます。

 そこへ100倍を意味する接頭語のヘクトが付いて、1パスカルの100倍をあらわしているのだそうです。

 ノットの由来は、かつて船の速さを測るのに、等間隔に結んだ紐を水中に投下し、砂時計が落ちきるまでに流した紐の結び目 (knot) を数えたことによります。

 
 台風の単位については耳にすることがありますが、日本ではめったに起こることの無い、竜巻。この大きさを示す単位が日本人に由来していることをご存知でしょうか。

 竜巻の大きさを示す単位はFです。
 藤田さんが提唱したので、頭文字をとってF0~F6まで階級分けされています。
 これは国際的にも採用されており、フジタスケール・Fスケールと呼ばれています。

 私は台風の「1013ヘクトパスカル」のように「135フジタ」と、数値単位として使われていると思っていたのですが、そうではないようです。

 このスケールは現在、アメリカでは改良されて「EFスケール」に変わっていますが、国際的に多くの国が「Fスケール」を竜巻の大きさを示す指標として用いているとのことです。
 
 藤田哲也氏は気象学者で、ダウンバースト(下降噴流)とトルネード(竜巻)の研究で世界的権威です。
 竜巻がほとんど起こらない日本では、有名ではありませんが、戦前戦後を通して、貧しい中でもひとつのことに打ち込んできた来た実績が今も国際的に認められているのは、とてもすごいことだと思います。

 経歴もとてもドラマチックで興味深く、残されている言葉も感銘を受けるものがありますので、是非、調べてみてはいかがでしょうか。 

2009年7月31日金曜日

【プチ】私たちの提供するサービス

今回は、弊社の基本的な【提供サービス】についてです。
  

 クラスターコンピューティング(株)が提供するサービスは、大きくわけて二つのジャンルがあります。


【サーバの販売】【システムの構築】です。


 金額を上げれば、どこまでだって高性能なサーバを購入できます。
 処理速度が速くて、容量も大きくて。


 システムも同じことが言えますね。


 でも、商業的に使用するサーバを購入するとき、本当にそれでいいでしょうか?

 
 一番大切なのは、使用する目的に適した性能のサーバであること。
 そこにはもちろん、金額についても盛り込まれて当然です。


 展開する商材やデータに合った性能のサーバを、妥当な金額で購入し、必要なシステムを構築することはとても重要なことだと思います。


 サービスについての詳細は以下にまとまっています。
 是非、ごらんになってくださいね。


1)サーバの販売
  使用方法に応じたサーバを提案、販売しています。

http://www.clustcom.com/melma0061


2)LVS負荷分散システムの設計/構築
 複数サーバの快適な応答速度のため、ロードバランサーのシステムを
設計し、構築します。

http://www.clustcom.com/melma0062


3)完全冗長ソリューションの設計/構築 
 ネットワークを冗長化し、障害発生を避けるためのシステムを設計し、
構築します。

http://www.clustcom.com/melma0063



「携帯電話を含むインターネット事業へ業務を拡大しようかな」
「すでに持っているサーバの調子が悪いみたい」
「サーバの反応が悪いと利用者に言われるけれど」

 そんなときに思い出していただけたら・・・。


 他にも、安価なLinuxパソコンでLVSを動作させ、データセンターの本番ネットワークのコピー環境を低コストで構築し、様々な検証を容易に行うこともできます。


 ご相談だけでもかまいません。
 上記のようなとき、一声、気軽にお声をかけてください。


 クラスターコンピューティング(株)は、サーバ販売と、サーバを快適に
動かすシステムを作っている会社です。

2009年7月22日水曜日

【プチ】「酔った勢いメール」を防止

Google が提供するフリーメールサービス【Gmail】を利用されている方も多いのではないでしょうか。
そこで、Gmailのちょっと変わった新機能をひとつ紹介します。

その名も・・・。

【酔った勢い防止メール】!!


 なんでしょう。これは。

 確かに、酔っ払うと妙に気が大きくなったり、反対に弱気になったりして、変なメールを書いてしまいがちです。
 「もー、なんでこんなメール!!」と酔いが覚めた後で青ざめたり、恥ずかしさに七転八倒したり・・・。

 それを防いでくれる、「後悔防止機能」というわけです。

 この機能を有効にすると、メール送信時に、ユーザーが本当にそのメールを送りたいかどうかを確認してくれます。そして更には、心理状態がまともかどうかを確かめるために、簡単な計算問題が表示されます。

 というわけで、酔っ払いからは卒業したつもり満々の私が、しらふの状態で機能を確認してまいりました!

まずは、
設定から【Labs】を選び、酒気帯びテストを実装します。
そのあと、
設定から【設定】を選び、酒気帯びテストの詳細設定 曜日、時間、難易度5段階を設定します。

例えば、週末に飲みに行くことが多いなら、金曜と土曜の11時から4時ぐらいまでを設定するといいですね。
今回は、テストなので真昼に設定。
そして、自分宛にメールを出してみたところ・・・。

簡単な計算問題が表示されます。
しかも、決められた時間内に回答しなければいけません。
二桁の問題が多いので、暗算はできるけれど、注意力は必要。

確かに、面倒になってメールを出す気がなくなりそうです。
ただ、一度回答すると、あとは何通でも出せてしまうので、そこが問題かもしれません。

泥酔しても根性で計算式を解く。電卓を使ってでも解く。
そんな新しい自分を発見してしまうかもしれませんね。