2009年6月29日月曜日

【ぷち】スマートグリット

 オバマ現アメリカ大統領の公約である、グリーンニューディール政策の柱のうちのひとつ「スマートグリット」という構想が話題になっているのをご存知でしょうか。

 オバマ政権に限らず、各国の環境政策で注目を集めているそうです。


 【スマートグリット】
 IT技術を積極的に用いて、供給者と消費者のあいだの電力伝送における課題を解決しようという概念と計画のこと。供給者とは発電所であり、消費者は家庭やビルを指し、電力の需要と供給のバランスを、最適に制御する次世代型「送電網」。
 
 従来の電力網は発電所で発電された電気が、送電線や変電所、配電線を通って、家庭やオフィスビルなどに向かって、一方向に送電されています。
 スマートグリットでは、この流れを双方向にします。

 
 【スマートグリット】そのものは概念や計画を指すし、内容の具体例や重要視されるサービスは各国によって異なるようです。
 主な具体例をあげてみると、

●スマートメーター
電気使用料の検針作業を人が行なわず機械が自動的に電力事業者へ遠隔報告する。

●事故発生時の迅速対応
停電事故発生時などで、問題箇所を素早く特定する。

●電力使用の遠隔制御
電力需要のピーク時に、電力事業者の側から各需要家へ節電依頼信号のようなものを発信して不要不急な電力の使用を減らすよう依頼、または機器を停止させる。

●分散発電による売電の効率化とトラブル回避
事業所発電や個人宅での余剰電力の買取時に円滑に「逆方向」に電力を流し、また位相や電圧を適正に維持するよう調整する。


 アメリカがこの【次世代型かしこい送電網】に興味津々なのは、現在の送電インフラの状態がよくないからです。都市部においても、大きな範囲での停電が起こり、たびたびニュースでも流れています。
 
 遅かれ早かれ「古い家電を買い直さなければいけない」状態といえます。
 一般家庭で冷蔵庫や洗濯機が古くなるようなものですよね。
 
 いま使用しているものがダメになるなら、最先端のものが欲しい。
 省エネで、使い勝手がよくて、頑丈なもの。

 
 この【スマートグリット】構想に関して、我が日本政府の反応はと言うと・・・。
 米国他の各国とは違って、反応は鈍いです。

 何故なら、日本の送電インフラの基礎は終了しているからです。

 日本で停電が頻繁に起こっていたのはもう遠い過去のこと。
 アメリカが「スマートグリット(かしこい送電網)」に夢中になっている現在、日本は「スーパーグリット(最新・最高級送電網)」を持っています。

 「最先端の家電が出るらしいけど、今の家電もまだまだ十分に使えるしなぁ」といった感じでしょうか。

 アメリカの送電インフラの整備が今後本格的に整備されていくとするならば、日本企業はおおいに現在持っている技術を試してみる(売り込んでいく)大きなチャンスなのかもしれません。

 狭い日本で無駄なインフラ整備を繰り返すより有意義だと思いませんか?
 

2009年6月15日月曜日

【プチ】コンセプト携帯。予約完結編。

 ドコモの特別仕様【エヴァ携帯】予約に関する完結編を今回はお届けします。

 【エヴァ携帯に関してはこちら】
  
 【予約に関する騒動はこちら】


 さらっと説明しますと。

 限定3万台のうち2万台の予約を行うはずのドコモショップにおいて、開店とほぼ同時に、まさかの端末暴走(サーバーダウン)が発生。

 結果、紙媒体かつ手作業での仮予約になってしまったエヴァ携帯は予約開始から5時間を持って、受付終了。
 あきらかに限定数を超えている予約状況を、ドコモはいかに処理するのか

 と、いうのが前回までのあらすじ(笑)。


 先週の金曜日。
 仮予約の状態から一週間

 ついに、ドコモからの回答が出ました。

 結果は、【販売数の変更】です。
 事実上の増産(仮予約者全員に対する受注)です。

 回答まで一週間という長さが、「増産への打ち合わせ」なのか「仮予約者の先着順選定」なのかが注目されていた中、ドコモの最終回答は英断だと受け入れられているようですね。

 仮予約者の多くは、ドコモ本部のエヴァ携帯に対するマーケティングの甘さを実感していたので、今回のことで矢面に立ったドコモショップの店員などに対しては同情的で、さらに「仮予約者全員に機種を確保」という回答を告げる際には「限定数の引き上げを申し訳なく思う」という対応が多く、そのあたりはさらに心象を良くしたようですよ。

 予約数の変更は
 ※ドコモショップ事前予約数
 (変更前)20,000台 → (変更後)27,500台
 ※量販店・一般販売店 10,000台
 ※全国37,500台限定発売

 量販店・一般販売店に対する台数には、販売開始日より予定していたドコモオンラインショップでの販売数も含まれていたようですが、販売は中止してここへの割り当ては事前予約に回されたようです。

 と、いうわけで。
 7,500台の増産が決定です。


 私の友人も無事に予約をゲットしましたが、本来、整理券は12番目。
 もしもサーバーがダウンしていなければ、仮予約にもならず、キャンセル待ち確実の数字です。

 今回の騒動がなければ、手に入らなかったわけで・・・。
 仮予約でも午後あたりに受付をした人々にとって、今回のサーバーダウンはまさしく不幸中の幸いでしたね(^_^)

増産されることになり販売開始は1ヶ月ほど伸びて、7~8月になります。
 実物を触るのが楽しみです。 

2009年6月12日金曜日

【プチ】コンセプト携帯。その後。

 前回、ドコモの限定コンセプト携帯【エヴァ携帯】を紹介しました。
 
 この携帯電話。限定3万台です。

 ドコモショップで2万台が販売され、残りの1万台は大型量販店やネット販売に回るとのコト。
 もうすでにネットオークションではプレミア価格で売りに出されているようです。

 ドコモショップでは10時から販売が開始され、午後3時には予定数に達したために受付終了との告知がドコモから告知されました。

 そう書かれると、5時間で完売か~、で済んでしまうのですが、そうは行かない裏事情が

 というのも、予約日当日、10時の開店と同時にドコモショップの端末がパンクしているのです。
 ドコモほどの企業でも、限定商品の販売でサーバダウンさせてしまうんですね。
 端末一斉送信できる企業の方が珍しいのかもしれませんが。 

 ということですので、5時間で完売をしたのではなく、端末のパンクから数時間後の会社としての対応が午後三時に出されただけなんですよね。
 実際に何時間で完売したのかは明確ではありません。

 開店から1時間過ぎた頃から、紙媒体での仮予約に変更されました。
 当初は土日を置いて月曜日に結果がわかるとされていた予約の確定不確定の連絡も、いまだ連絡のめどが立たずという感じのようです。
 
 一方で、発売日販売を始める量販店も予約を受け付けたため、こちらのほうが確実に予約できるという事態になりました。量販店ははじめから割り当ての数を把握しているので、予約数を限定して締め切ることができたようです。


 これは言わば「3万台に群がるマニアのお祭り騒ぎ」で、一般の人からすればどうでもいいことだとは思うのですが、今後の見所は、ドコモがどのように事態を収拾するかですね。

 ここいらであっさり仮予約全員に対する受注生産に切り替える度量があれば、あっぱれですが。
 
 ないだろうな~。
 何事もなかったかのように、予約を割り当てて、後の人は切り捨てて終了!
 ってところでしょうね。

 今回の件の一番の教訓は、「常に、情報を多く得たものが勝利する」といったところ。


 ちなみに、ネタがエヴァンゲリオンだけに、端末がパンクした様子を見ながら、店内の多くの人が、

「端末が活動限界。ドコモ端末機、制御不能です」
「まさか」
「暴走!?」

という幻覚を聞いたとか聞いていないとか(^^)


※前回の記事で、3万台は何時間で完売かと書きましたが、正解は5時間というところでしょうか。
 もしかすると、どこかの量販店ではさりげなく残っているのかも知れませんが。